ぶっ飛び考察:シチリアの災害続きは気象兵器。


今日もニュースページでアップしましたが
シチリアで鉄砲水を中心に災害が続いていますが
あまりにも多すぎるので狙われているんじゃないかと
考えていたけれど、だけど狙われる理由が予想もつかなかったけれど
ようやくみつかりました。

これでしょう。間違いない!

1100785.jpg

シチリア市民、NATO演習に反対(スプートニク)
『30カ国の参加のもと、冷戦終結以来最大の規模の演習「トライデント・ジャンクチュア2015」が行なわれているシチリアのトラパニで、市民が抗議運動を行なっている。31日には抗議運動の締めくくりとしてマルサラでマニフェストが発表される予定。運動の組織者は「No Muos」地域委員会。抗議に参加するために、パレルモ、カターニア、メッシーナ、ラグーザ、ニシェーミといった都市から参加者が集まった。運動体の調整役キヤラ・パラディノ氏は語る。「シチリアが軍事的な実験のための基地になってしまうかもしれない。そしてそこで、軍事インフラの建設や、殲滅方法の策定が行なわれ、シチリアの豊かな自然、環境、住民の健康が損ねられるかもしれない」。24日には運動体「No Guerra No Nato」がナポリで抗議運動を行なった。アレックス・ザノテッリ氏が明かした。26日にはローマで「No Guerra No Nato」イタリア全国委員会が「イタリアのために戦争に反対し、中立なヨーロッパに賛成する」と題された国際会議を主催。30日にはパレルモで反戦集会「Festa No War」が開かれた。』


CStt2F-WwAAQ7xb.jpg

シチリア市民、NATOの地中海演習に反対する抗議行動(スプートニク)
『イタリアのシチリア島の市民がNATO演習に抗議している。およそ1000人がビルジ空港付近でピケを張った。同空港は演習中一時的にNATO空軍の指令センターになっている。演習は地中海を舞台に、ここ13年で最大の規模で行われている。兵士3万5000人が参加、航空機140機、船舶60隻が動員されている。演習は6日まで続く。ロシア24テレビが報じた。』



posted by mayumi at 2015-11-02 00:33 | Comment(0) | ぶっ飛び考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。